上出寛子ホームページ

学術雑誌

査読有り 英文誌
■D. Granados, B. Yamamoto, H. Kamide, J. Kinugawa, K. Kosuge, 2017, Dance Teaching by a Robot: Combining Cognitive and Physical Human?Robot Interaction for Supporting the Skill Learning Process, IEEE Robotics and Automation Letters, 2(3), 1452 - 1459.
■H. Kamide, and T. Arai, Perceived Comfortableness of Anthropomorphized Robots in U.S. and Japan, International Journal of Social Robotics, 2017.
■H. Kamide, K. Kawabe, S. Shigemi, and T. Arai, Anshin as a concept of subjective well-being between humans and robots in Japan, Advanced Robotics, 29(24), pp.1-13, 2015.
■H. Kamide, K. Kawabe, S. Shigemi, and T. Arai "Nonverbal behaviors toward an audience and a screen for a presentation by a humanoid robot", Artificial Intelligence Research, Vol. 3, No. 2, 57-66, 2014.
■H. Kamide, K. Kawabe, S. Shigemi, and T. Arai "Relationship between Familiarity and Humanness of Robots -Quantification of Psychological Impressions Toward Humanoid Robots-", Advanced Robotics, Vol. 28, No. 12, 821-832, 2014.
■H. Kamide, Y. Mae, T. Takubo, K. Ohara, and T. Arai "Direct Comparison of Psychological evaluation between Virtual and Real Humanoids; Personal space and subjective impressions.", International Journal of Human-Computer Studies, 72, pp.451-459, 2014.
■H. Kamide, T. Takubo, K. Ohara, Y. Mae, and T. Arai "Impressions of Humanoids: The Development of a Measure for Evaluating a Humanoid", International Journal of Social Robotics, 6(1), pp.33-44, 2014.
■Masashi Komori, Hiroko Kamide, Satoru Kawamura, Chika Nagaoka: "Asymmetry in Facial Expressions as a Function of Social Skills", the IEICE Transactions, Vol. E96-D, No. 3, pp. 507-513, 2013.
■H. Kamide, K. Kawabe, S. Shigemi, and T. Arai, Applicability of Equilibrium Theory of Intimacy to Non-Verbal Interaction with Robots: Multi-Channel Approach Using Duration of Gazing and Distance Between a Human Subject and Robot. Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 25 (3), pp. 449-457, 2013.
■H. Kamide, K. Kawabe, S. Shigemi, and T. Arai (2013). Development of a Psychological Scale for General Impressions of Humanoid. Advanced Robotics, Vol.17, (1), pp.3-17, 2013.
■H. Kamide and I. Daibo (2009). Application of a Self-Evaluation Maintenance Model to Psychological Health in Interpersonal Context. The Journal of Positive Psychology, 4, 557-565

査読有り 国内誌
■野口洋平・上出寛子・田中文英 (2018). 遠隔コミュニケーションを仲介するロボットが高齢話者の自己開示に与える影響.ヒューマンインタフェース学会誌, (in print).
■上出寛子・高嶋和毅・石川美笛・足立智昭・北村喜文 (2018). 加速度センサ搭載積み木による幼児の積み木遊びの発達的変化の定量化.ヒューマンインタフェース学会誌, (in print).
■上出 寛子・高嶋 和毅・新井 健生(2016). 日本語版擬人化尺度の作成.パーソナリティ研究, 25(3), 218-225.
■森 善一・斎藤 祐基・上出 寛子 (2012). 抱きつき人形の印象評価. 日本感性工学会論文誌, 11,9-15.
■上出寛子・大坊郁夫 (2012). 日本におけるwell-beingを高める動機づけ.対人社会心理学研究, 12,143-148.
■上出寛子・大坊郁夫 (2011). 中高年者における自伝的物語と親密な関係内での適応性の関連―人生の重要な出来事に対する解釈の仕方―.対人社会心理学研究, 11,51-64.
■上出寛子・大坊郁夫 (2009). 対人的な文脈における自己の多様性と精神的健康の関連 パーソナリティ研究, 17, 292-301
■上出寛子・大坊郁夫 (2008). 対人関係において認知された自己と親密度の関連−現代の大学生の様々な親密な関係− 対人社会心理学研究, 8, 51−58.
■上出寛子・大坊郁夫 (2006). 自分の重要な側面の向上に及ぼすマインド・セットの効果―自己認知、精神的健康、他者からの認知の変化― 対人社会心理学研究, 6, 49−56.
■上出寛子・大坊郁夫 (2005). 日本語版BIS/BAS尺度の作成 対人社会心理学研究, 5, 49−58.
■上出寛子・大坊郁夫 (2004). 調節機能としての親密な他者認知――理想自己と現実自己のディスクレパンシーによるネガティブ状態との関連から―― 対人社会心理学研究, 4, 113−118.

査読無し 国内誌
■上出寛子・小森政嗣・川村智・長岡千賀 (2011). 社会的スキルと表情表出時の顔面形状の関係.電子情報通信学会技術研究報告, 111, 7-12.
■上出寛子・長岡千賀・小森政嗣 (2010). 日中韓の表情の分析−形態測定学的アプローチによる検討−.電子情報通信学会技術研究報告, 110, 17-22.
■上出寛子・大坊郁夫・谷口淳一・磯友輝子 (2008). 非言語的コミュニケーションによる対人関係の解読−社会的スキルとパーソナリティの関連から −. 電子情報通信学会技術研究報告,108, 13-18.
■大坊郁夫・上出寛子・村澤博人・趙 ヌ珍・毛 新華・高橋直樹 (2007). 顔形態特徴の日中韓比較(1) −顔面表情に伴う顔形態の文化比較−. 電子情報通信学会技術研究報告,107, 13-18.
■上出寛子・大坊郁夫・村澤博人・趙 ヌ珍・毛 新華・高橋直樹 (2007). 顔形態特徴の日中韓比較(2)−社会的スキルとの関連から− 電子情報通信学会技術研究報告,107, 19-24.
■大坊郁夫 ・上出寛子 (2007). 3次元計測法による日本人の顔面表情の測定(1)―顔形態特徴の検討− 電子情報通信学会技術研究報告,107, 107-112.
■上出寛子・大坊郁夫 (2007). 3次元計測法による日本人の顔面表情の測定(2)―社会的スキルとの関係− 電子情報通信学会技術研究報告,107, 113-118.
■大坊郁夫 ・上出寛子・毛新華 (2006). 3次元計測法による顔面表情に伴う顔形態特徴の測定(1) -中国人大学生の特徴- 電子情報通信学会技術研究報告,106, 29-34.
■上出寛子・大坊郁夫・毛新華 (2006). 3次元計測法による顔面表情に伴う顔形態特徴の測定(2)−中国人大学生の社会的スキルと顔面表情との関係− 電子情報通信学会技術研究報告,106, 35-40.
■大坊郁夫 ・上出寛子・趙ヌ珍・高橋直樹(2005). 顔面表情に伴う顔形態特徴の 3次元的測定−韓国人大学生の場合− 電子情報通信学会技術研究報告,105, 27-32.
■上出寛子・大坊郁夫 ・趙ヌ珍・高橋直樹(2005). 韓国人の顔面表情時の顔形態特徴と社会的スキルとの関係 電子情報通信学会技術研究報告,105, 33-38.

競争的資金の獲得

2016年4月〜
■文部科学省補助金(基盤研究(B) )「自動運転知能化空間における安心安全フィードバックシステムの開発」(課題番号:16H03723)に基づく研究を研究代表者として実施

2015年4月〜
■文部科学省補助金(挑戦的萌芽)「超ロバストなロボットの実現に向けた二元性一原論に基づく応用仏教の実証研究」(課題番号:15K13114)に基づく研究を研究代表者として実施

2015年4月〜
■文部科学省補助金(新学術領域研究,公募研究)「ASD者のwell-beingに資する自伝的物語への介入とDMNの脳機能解明」(課題番号:15K01582)に基づく研究を研究代表者として実施

2014年4月〜
■文部科学省補助金(若手研究(A))「持続可能な対ロボット関係を実現する連動的全身非言語行動による親密性表出モデル」(課題番号:26705008)に基づく研究を研究代表者として実施

2013年4月〜2015年3月
■文部科学省補助金(新学術領域研究,公募研究)「内部観測に対する評価手法の確立とwell-beingとの関係性解明」(課題番号:25119505)に基づく研究を研究代表者として実施

2013年11月
■Bielefeld University International guest lectureship programmeにおけるGuest scholarship

2011年4月〜2013年3月
■文部科学省補助金(若手研究(B))「自己,他者,ロボットの比較における認知的メカニズムとwell-beingの関連性」(課題番号:23730579)に基づく研究を研究代表者として実施

2011年4月~2012年3月
■平成23年度大阪大学大学院基礎工学研究科未来研究ラボシステム研究費(個人研究)「人間−ロボット関係を持続可能にするための親密性平衡モデルの実装」に基づく研究をラボ長として実施

受賞

■2014年5月 大阪大学総長奨励賞
■2012年9月日本応用心理学会 優秀大会発表賞受賞
■2012年9月 日本ロボット学会 研究奨励賞受賞
■2012年5月 ヒューマンコミュニケーション賞が阪大総長から表彰
■2011年12月 一般社団法人電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 ヒューマンコミュニケーション賞
■日本社会心理学会平成17年度大学院生海外学会発表支援制度対象者

著書

■上出寛子,生き方、ウェルビーイングと動機づけ―ポジティブ心理学とのかかわり, 2014 (児童心理 動機づけの心理学, 金子書房,25-30)
■上出寛子, 幸福の条件, 2013 (大坊郁夫編 現代社会と応用心理学2 クローズアップ 恋愛. 福村出版. 219-226)
■上出寛子, 幸福になるための2つの方法, 2013 (大坊郁夫編 現代社会と応用心理学2 クローズアップ 恋愛, 福村出版, 15-21)
■上出寛子, パーソナリティ心理学ハンドブック 福村出版, 2013年 (「主観的well-being」の項を担当)
■上出寛子 (2012). ポジティブな人間関係-well-being, happiness, 人と社会. (大坊郁夫編 幸福を目指す対人社会心理学 対人コミュニケーションと対人関係の科学. ナカニシヤ出版. Pp .25-48.)
■上出寛子 (2010). 親密な対人関係とwell−being. (堀毛 一也編 ポジティブ心理学の展開―「強み」とは何か、それをどう伸ばせるか (現代のエスプリ no. 512). ぎょうせい. Pp .120-129.) -

国際会議

査読有り full paper
■Hiroko Kamide, Masahiro Mori, 2016, One being for Two origins. -A necessary awakening for the future of robotics-, IEEE International Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts, 11-15.
■Hiroko Kamide, Mihoko Niitsuma, Tatsuo Arai, 2015, Implicit Nonverbal Behaviors Expressing Closeness by 3D Agents, The International Conference on Social Robotics
■Hiroko Kamide, Friederike Eyssel, Tatsuo Arai. “Psychological Anthropomorphism in Robots.” The International Conference on Social Robotics 2013, Bristol, UK. 27-29, 2013, 198-208.
■Hiroko Kamide, Koji Kawabe, Satoshi Shigemi, Tatsuo Arai. “Social Comparison between the Self and a Humanoid.” The International Conference on Social Robotics 2013, Bristol, UK. 27-29, 2013, 190-198.
■Hiroko Kamide, Yasushi Mae, Koji Kawabe, Satoshi Shigemi, Masato Hirose, Tatsuo Arai: "A Psychological Scale for General Impressions of Humanoids", The 2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation, 40-45, Minnesota, USA, May. 14-18, 2012
■Hiroko Kamide, Yasushi Mae, Koji Kawabe, Satoshi Shigemi, Masato Hirose, Tatsuo Arai (2012, Mar). New Measurement of Psychological Safety for Humanoidthe 7th annual ACM/IEEE international conference on Human-Robot Interaction, pp.49-56, Boston, USA, March 5-8, 2012.
■Mika Yasumoto, Hiroko Kamide, Yasushi Mae, Koji Kawabe, Satoshi Sigemi, Masato Hirose, Tatsuo Arai (2011, Dec). Personal Space of Humans in Relation with Humanoid Robots Depending on the Presentation Method2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.797-801, Kyoto, Japan, Dec 20-22, 2011
■Hiroko Kamide, Mika Yasumoto, Yasushi Mae, Kenichi Ohara, Tomohito Takubo, & Tatsuo Arai (2011, May). Comparative Evaluation of Virtual and Real Humanoid with Robot-Oriented Psychology ScaleIEEE International Conference on Robotics and Automation, 599-604.
■Hiroko Kamide, Yasushi Mae, Tomohito Takubo, Kenichi Ohara, & Tatsuo Arai (2010, October). Development of a Scale of Perception to Humanoid Robots: PERNODIEEE International Conference on Robots and Systems, 5830-5835.

査読有り abstract
■H. Kamide, and T. Arai, 2015, The effects of the distance and the intimacy on the variety of nonverbal behaviors on the upper body, 14th European Congress of Psychology, 47
■H. Kamide, and T. Arai, 2015, Comfortableness of anthropomorphized robots in Japan and U.S., International Convention of Psychological Science, 104
■H. Kamide, K. Asada, S. Ayaya, and S. Kumagaya, 2015, Narratives and traits on well-being for normal and autistic people, The 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, G220
■Hiroko Kamide, Koji Kawabe, Satoshi Shigemi, and Tatsuo Arai: "Measure the Intimacy Equilibrium Model using Three-dimensional motion capture", The 15th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, G203, Austin, Texas, 2014
■Hiroko Kamide, Koji Kawabe, Satoshi Shigemi, and Tatsuo Arai (2012, Aug). Eye-contact between human and robot during root's presentationBritish Psychological Society Social Psychology Section Annual Meeting 2012, pp.34-35, St.Andrews, UK, AugustMarch 21-23, 2012.
■Hiroko Kamide, Mika Yasumoto, Yasushi Mae, Koji Kawabe, Satoshi Shigemi, Masato Hirose, Tatuo Arai (2012, Jan). Equilibrium Theory of Intimacy in Human-Humanoid InteractionThe 13th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Poster G290,San Diego
■Aya Nakae, Ryota Hashimoto, Shogo Maeda, Tomoko Oku, Motoyuki Fukumoto, Kazutaka Ohi, Yuka Yasuda, Hidenaga Yamamori, Norihiro Sakai, Gaku Sakaue, Shoichi Ishigaki, Hiroko Kamide, Satoshi Hagihira, Masatoshi Takeda, Masahiko Shibata, Takashi Mashimo, Pain sensitivity changes in patients with schizophrenia, Neuroscience 2010, San Diego, Nov.13-17(16) 2010, poster
■Ikuo Daibo, Yukiko Iso, Junnichi Taniguchi, & Hiroko Kamide. (2008, July) Functions of Verbal-Nonverbal Communication in Social Skills Training. Poster Presentation Presented at the XXIX International Congress of Psychology, Berlin, German(p.498)
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2008, July) Development of a Japanese version of the BIS/BAS scale. Poster Presentation Presented at the XXIX International Congress of Psychology, Berlin, German
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2008, July) Japanese adults’ narrative stories and eudaimonic and hedonic well-being. Poster Presentation Presented at the 4th European Conference of Positive Psychology, Rieka, Croatia
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2008, February) Autobiographical memories and a good life: maturity and happiness in JapanPoster Presentation Presented at the 9th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Albuquerque, New Mexico
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2007, July) Three-dimensional measurement of physiognomic features on some facial expressions ; Relationship between social skills and facial expression of Korean and Chinese students. Poster Presentation Presented at at the Asian Association of Social Psychology 7th Biennial Conference, Kota Kinabalu, Malaysia
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2007, January) Which dimensions of flexibility of self-aspects are beneficial for mental health?Poster Presentation Presented at the 8th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Memphis, Tennessee
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2006, October) The effects of the subjective perception of the past interpersonal relationships on the present self and well-being.Poster Presentation Presented at the 4th World Conference: Developing Resilience and Strength Across the Life Span, Oslo, Norway
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2005, April) Effects of deliberative and implemental mindsets on enhancement of important aspects of selves.Poster Presentation Presented at the Asian Association of Social Psychology 6th Biennial Conference, Wellington, NewZealand
■Hiroko Kamide and Ikuo Daibo (2004, August) Effects of mental health and interpersonal relationship on self perception compared with others. Poster Presentation Presented at the XXVV International Congress of Psychology, Beijing, China

招待講演,シンポジウム,研究会発表など

Internationalのん
■[invited talk] Hiroko Kamide (2014, Jul). Human-like robots in Japanese culture. Oral Presentation Presented at Workshop of "Evaluating Social Robots" in the 13th International Conference on Intelligent Autonomous System, Padova
■Hiroko Kamide (2013, Nov). Social comparison between humans and robots. Oral Presentation Presented at Masterkolloquiums Sozialpsychologie, Bielefeld
■Hiroko Kamide (2011, May). Psychological Evaluation on Humanoid Robots. Oral Presentation Presented at The 4th Symposium on Cognitive Neuroscience Robotics, Osaka
■Hiroko Kamide, Tomohito Takubo, Kenichi Ohara, Yasushi Mae, & Tatsuo Arai (2011, May). Basic Standards of Psychological Evaluation on Humanoids. Poster Presentation Presented at The 4th Symposium on Cognitive Neuroscience Robotics, Osaka
■Hiroko Kamide, Mika Yasumoto, Tomohito Takubo, Kenichi Ohara, Yasushi Mae, & Tatsuo Arai (2011, May). Psychological Evaluation to Humanoids Using Virtual Reality. Poster Presentation Presented at The 4th Symposium on Cognitive Neuroscience Robotics, Osaka
■Hiroko Kamide (2011, March). Psychological evaluation to humanoid robots. Oral Presentation Presented at Osaka-UCSD/UW workshops, San Diego
■Hiroko Kamide (2010, Octorber). Psychological evaluation to humanoid robots. Oral Presentation Presented at Bielefeld-Osaka Workshop 2010, Bielefeld

国内のん
■【招待講演】上出寛子 (2015, Nov). 人間と機械の社会的安心を目指すインタラクション研究, 社外招待講演, スタンレー電機(株)
■【招待講演】上出寛子 (2015, Nov). 個人と社会の安心・安全システム,スキル・アップ講習会,国土交通省関東地方整備局北首都国道事務所
■【招待講演】上出寛子 (2015, May). 社会ロボットに対する安心感評価における日米比較, the 1st Meijo Science Technology Seminar, 名城大学
■【招待講演】上出寛子 (2014, Jul). ロボットとの安心できる共存を目指す対ロボット関係の心理学的研究.知的共創システムとしてのサイバーフィジカルシステムに関する研究 研究講演会, 甲南大学
■【基調講演】上出寛子 (2013, Dec). 人とロボットの社会的関係に対する心理的評価. SI2013ホームロボット&システム, 神戸国際会議場
■【招待講演】上出寛子 (2013, Dec). 人・環境のwell-beingな関係を目指す. 日本応用心理学会公開シンポジウム2013「well-beingの心理学━ 今、そしてこれからのwell-being研究の応用・実践 ━」, 東京未来大学
■【招待講演】上出寛子 (2013, Sep). ロボットと人間の社会的関係に対する心理的評価.自動車技術会エレクトロニクス部門委員会, 首都大学東京
■上出寛子 (2013, Mar). 一般ユーザが安心できる人間共存型ロボットの実現を目指して S研, 筑波大学
■【招待講演】上出寛子 (2013, Feb). 人間とロボットの社会的共存と適応. 社会心理学研究小集会, 群馬大学
■【招待講演】上出寛子 (2012, Nov). ヒューマノイドの認知された安心感に対する社会心理学的研究. 日本ロボット学会 ロボティクス空間知能化研究専門委員会, 中央大学
■【招待講演】上出寛子 (2012, Feb). ヒューマノイドに対する認知された安心感の心理学的解明. 名古屋大学GCOEマイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点 講演会「ロボットとアセンブラ」, 名古屋
■上出寛子 (2011, 3). ヒューマノイドロボットとの遭遇 ヒューマンインタフェース学会 コミュニケーション支援専門研究委員会 第5回研究談話会
■【招待講演】上出寛子 (2011, 3). ヒューマノイドロボットに対する心理評価 情報処理学会関西支部 社会知能研究会 大阪大学中之島センター
■上出寛子 (2010, 9). 感性ロボティクスの未来 第12回日本感性工学会 パネルディスカッション 東京工業大学
■上出寛子 (2010). ヒューマノイドロボットに対する心理評価 対人社会心理学フォーラム 大阪大学大学院人間科学研究科
■上出寛子 (2010).ヒューマノイドロボットに対する認知尺度“PERNOD”の作成 創成塾 大阪大学グローバルCOE認知脳理解に基づく未来工学創成
■上出 寛子・登張 真稲・山本 恭子・大坊 郁夫, (2009).非言語コミュニケーションと個人差,パーソナリティ(経常的研究交流委員会企画シンポジウム(2)) 日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (18), 8. 川崎医療福祉大学
■上出寛子(2007). eudaimonic, hedonic well-beingについての 社会心理学的検討 . 日本心理学学会第71回大会発表論文集, l.9. 東洋大学

その他・書評・解説など

■上出寛子 (2006). ハイロウズの掟―青年のかたち(諸井克英著)―. 同志社時報, 121, p.74
■上出寛子 (2006). この人に聞く 中村 完(琉球大学名誉教授). 心理学ワールド, 34,
inserted by FC2 system